家庭用ビールサーバーキリンホームタップについて調べました

ビール

前回はアサヒのビールサーバーがあるよという話をしました

今回はキリンビールさんのホームタップについて調べてみました

それではホームタップの特徴を紹介していきます

ホームタップの特徴

ホームタップも基本的にはアサヒさんのドラフターズと同じようなサービス内容になっています

まず同じようなところは会員制なんです

そしてアサヒさんと違うのは体験会があることです

順に詳しく説明していきます

会員制で先着順

アサヒさんと同じで先着順です

8月期、9月期など1ヶ月単位で募集をしています

サービスを開始する1か月前くらいに募集しないといけません

募集してすぐ結果が出るようでもないです

ホームタップは体験会がある

現在はコロナの影響で中止になる場合もあるようですが

実際にビールサーバーを使用してビールが飲める体験会があります

体験会は30分程度。使ってみてその場で専門のスタッフさんに

気になることやわからないことを質問することができます

そしてなんと!その場で契約することも可能なんです
しかも基本料金1ヶ月無料!(通常は1か月3190円税込み)

体験会場は大阪、兵庫、愛知、栃木、新潟

予約制なのでいきなり行っても入れないので注意してください

また、今はコロナの影響で中止になることもあります

体験会の資料請求もできます。まずは資料請求から始めてみましょう

それでは次は料金のほうにいってみましょう

ホームタップを使用するのにかかる料金は?

ホームタップの料金は3つの要素で構成されています

  • 基本料金
  • コースの違い
  • ビールの種類の違い

順に説明していきます

ホームタップの基本料金

基本料金は必ずかかってくる料金です

ホームタップではサーバー代無料ですが、基本料金がかかります。その額3190円

ん?

じゃあサーバー代3190円と同じじゃないの?

と思われた方もいると思います

ただ、私には同じかどうかはわかりません。

サーバー代無料、基本料金3190円ということ以外は・・・

コースによる料金の違い

ホームタップでは4Lコース8Lコースの2種類があります

何が違うかというと1ヶ月に送られてくるビールの量ですね

4Lコースは4L、8Lコースは8L

4Lコースは月に2回2L(1L×2本)ずつ配送されます
8Lコースは月に2回4L(1L×4本)ずつ配送されます

4Lコースは8250円から、8Lコースは12430円から

から』と書いたのはビールの料金によって異なるからです

ビールの料金はビールの種類によって異なる

基本的にはキリン1番搾りプレミアムですが、お好みでクラフトビールに変更することができます

クラフトビールの種類は期間限定商品など、そのときによって変化します

公式ホームページで確認してください

キリンホームタップ公式ホームページ

キリンホームタップのいいところ、悪いところ

調べてみた感じでは、悪いところはひとつしかないですね

料金が高いところです

いいところは

  • ビールの消費量によって発送量の調整ができる
  • 手入れが簡単

ホームタップは料金が高い?

これに関しては、高いが妥当な値段である

というのが私の意見です

他のビールサーバー貸し出しサービスを見ていてもやはりこのくらいの値段はします

アサヒさんもこのくらいの値段です

ただもったいないと思ったのが、サーバー代無料という表記

サーバー代は無料なんだけど、基本料金がかかるという表記がまぎらわしい

これならサーバー代+使い捨ての部品で3190円と表記して欲しかったな~

ここは残念なところ

でもこれ以外はいいですね

特にいいと思ったのが

ビールの消費量によって発送量の調整ができる
手入れが簡単

この2点です

ビールの発送量を調節できるなんて素敵じゃない?

ホームタップの基本の発送量覚えてますか?

4Lコースは月に2回2L(1L×2本)ずつ、8Lコースは月に2回4L(1L×4本)ずつ配送されます

これが調整できるんですよね!

増やせることはわかってるけど減らせるんですよ

例えば、4Lコースで最初に2L配送されます

『今月は帰省するのでちょっとビール飲む機会が減るな』

というときには次の2Lをスキップすることができます

もちろん無制限にスキップできるわけではなくて連続3回までスキップ可能です

しかし、減らせるというのは大きな魅力

また、減らしてはいないんですが2回目をクラフトビールに変更することも可能です

気分を変えたいときに変更してみるのもいいんじゃないでしょうか

手入れが簡単、すぐ終わる

ビールサーバーって手入れが面倒なイメージありません?

実際に面倒なんですよね

でもこのホームタップの場合は手入れが簡単

『ビアラインキャップ』という部品を洗うだけでいいんです

その他の部品は使い捨て!!

ビールサーバー最大のネックともいえる手入れが簡単なのは最高に魅力的ですね

キリンホームタップまとめ

ホームタップは体験会があったり、ビールの量が調節できたりとすごくいいサービスだと私は思います

ただ、やはり缶ビールと比べると高い!

これがみんなネックになるんじゃないですか?

いや~私も妻を説得できたら利用するんですが、ちょっと説得には厳しいかと思います…

一番搾りの最高級品も飲めるし、クラフトビールの種類もいくつかあって気分によって選べる
キリンビール派のかたは1度検討してみましょう

そしてその際には、パートナーを説得する材料にこの記事がなれば幸いかと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました